靴の断捨離記録!思いきれない私の最初のステップは”確実に要らないモノだけ”

こはるです。

シンプルライフを目指し、片付け・断捨離に着手しました!

どこからやろうかと悩みましたが、今回は靴。

靴箱がごちゃごちゃなので、まずは自分の靴から整理しようと重い腰を上げました。

…とは言うものの、なかなか捨てられないんですよねー。

いただいたものや自分が気に入って買ったもの、履きやすいもの、デザインが気に入っているもの…

でも、収納には限界があるし、自分の靴だけを入れるわけではないので少し減らさないといけません。

大量に靴があっても結局履いていないものもあるし。

 

ただ、やはりゴッソリ捨てるほどまだ思いきれていない…

ということで、今回は

  • 現状を把握すること。
  • 確実に履かないものを捨てること。

これを目標に実施したいと思います。

何回かに分けて行います。少しずつ、慣れて行こう。

 

現状を把握する

捨てるも残すもまずは現状把握から。

靴箱からぜーんぶ出してみましょう。

 

21足。

この写真を撮った後に2階のクローゼットに1足あるのを思い出しました。

ので、合計22足。

 

並べるとなかなかのボリュームですね。

 

<全部出してみて気づいたこと>

  • 数年来履いていないものがある。
  • 履くと靴擦れするので履いていないものがある。
  • 冬に履く靴が多い。
  • ヒールの高いものは最近は履いていない。
  • 傷んでいる靴が結構ある。

確実に要らないものを処分!

今回は靴の整理初回なので、ハードル激下げして確実に要らないものだけを処分することにしました。

  • つま先がはがれてきているもの
  • ひび割れているもの
  • 履くと靴ずれする(ヒモが当たって痛い)もの
  • 履き心地が悪い(歩いているとすべる)もの

をピックアップしました。

 

 

今回は5足。

気に入って履いていたものは傷みが激しかったものの、「お気に入りだからなぁ…」と捨てる決心がつかず今まで置いていました。

今回並べて見てみて、

「気に入っていても、外に履いていくのをためらうものはお気に入りとは言えないな」と気づきました。

靴は履いてこそですからね。気に入っているのに、みっともないから履いて出かけられないじゃ意味がない。

今までありがとう!の気持ちで、処分用の袋にまとめました。次回のごみの日に出します。

 

5足処分したことで少し達成感が出たのと、スッキリした気分です。

靴箱も少し余裕が生まれました。

 

これからステップアップするために

今回はもう絶対履かんわ…というものだけを処分しました。

履く可能性があるものは残してあります。

では、果たしてその靴は履くのか?

 

実は、数年来履いていない靴は今回は残してあります。

またしばらく時間をおいて、自分の持ち物としっかり向かい合って、

ここにあることが価値のあることなのか?

本当に必要なものなのか?

見極めて、これからにつなげたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。