初心者のWordPress修行~サイトマップを設置してみた~

ちょっと前までWordPressのワの字も分からなかったこはるです。

先日のプロフィール設置に続き、サイトマップも設置が完了しました!ヤッター!

初心者のWordPress修行~プロフィールを設置してみた~

 

 

今後、ブログの記事が増えることを想定してサイトマップは設置しておきたいなと思っておりました。

カテゴリーはあるけど、どこにどんな記事があるかは一覧で見るのがやっぱり分かりやすいんじゃないかと。

ということで、初心者の私でもできたサイトマップの設置方法をまとめておきます!

今回は、プラグイン「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップを作成しました。

めっちゃ簡単なので、ご安心ください^^

 

MEMO
事前にプラグイン→新規追加から「PS Auto Sitemap」をインストール・有効化おきましょう。
また、新しいプラグインを入れる際まれに不具合が生じる場合があるそうなので、事前にバックアップを取ることをおすすめします。

 

「PS Auto Sitemap」の利用の流れ

プラグイン「PS Auto Sitemap」はブログの記事や固定ページのサイトマップを指定したページに設置してくれる初心者にはありがた~いプラグイン!

利用の流れは

①サイトマップを表示させるためのページの作成

②サイトマップの表示に関する設定を行う

以上!

 

めっちゃ簡単なので、順を追って行きましょう!

サイトマップを表示させるためのページの作成

サイトマップは、いつもの投稿ページではなく「固定ページ」に作成します。

…とその前に、このプラグインの設定を確認してみましょう。

「設定」→「PS Auto Sitemap」をクリックすると、プラグインの設定画面が出てきます。

利用方法が書いてあります!

  1. サイトマップを表示させたい記事を作成(固定ページ)
  2. コードの入力
  3. 記事のIDを確認して設定する

 

固定ページを作って保存→コードをコピペするのですが、先に設定ページを開いてコピーしておきましょう!

ご利用方法2のグレー掛けのHTMLコードをコピーしておきます。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

↑これですな。

 

次に、「固定ページ」を新規追加しましょう。

本文入力右上の「ビジュアル」「テキスト」の「テキスト」タブを選び、

先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

サイトマップ表示に関する設定を行う

ここまできたらあともう一息!

先ほどの「設定」欄の利用方法の最後の項目です。

3.記事編集画面で記事ID(アドレスバーの &post=nn )を確認し、『サイトマップを表示する記事』欄に指定します。

 

どゆこと…?となりそうですが、頑張って。

まず記事IDを確認します。

「固定ページ」→「固定ページ一覧」を開いて、先ほど作成したサイトマップのタイトル部分にマウスカーソルを合わせると、

画面の下に下記のようにURLが表示されます。

この赤い枠、post=番号 の番号部分を覚えます。(これが記事ID)

 

設定→PS Auto Sitemapに戻り、

上から4つめ、「サイトマップを表示する記事」の四角に先ほど覚えた記事ID(番号)を入力!

 

あとはご希望に応じて設定をしていきます。

ちなみに私は

・サイトマップにブログのトップページを表示させない

・投稿リストは出力する

・固定ページ(プロフィールやプライバシーポリシー)は出力する

・サイトマップ自身は出力しない(除外記事の欄に記事IDを入力すると表示されなくなります)

という設定にしております。

後は設定を保存して、きちんと表示されているか確認してできあがり!

できたー!無事に設置できました。

それにしても真っ白なブログだな(+_+)そろそろ外観も手を加えていきたい。

プラグインで簡単に!

今回はプラグイン「PS Auto Sitemap」を使用してサイトマップを作成する方法でした。

初心者でも簡単にできたので、これからWordPressデビューをしてサイトマップ設置するぜーというナイスタイミングな方がいらっしゃったら是非やってみてくださいね!

 

初心者のWordPress修行、次回をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。