初心者でもできるよ!「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップを作ろう

こんにちは、ちょっと前までWordPressのワの字も分からなかったこはるです!

 

先日のプロフィール設置に続き、サイトマップも設置が完了しました!ヤッター!

初心者向けプロフィール設置方法

初心者のWordPress修行~プロフィールを設置してみた~

 

今後、ブログの記事が増えることを想定してサイトマップ(全記事一覧)は設置しておきたいなと思っておりました。

カテゴリーはあるけど、どこにどんな記事があるかは一覧で見るのがやっぱり分かりやすいんじゃないかと。

 

ということで、初心者の私でもできたサイトマップの設置方法をまとめておきます!

今回は、プラグイン「PS Auto Sitemap」を使ってサイトマップを作成しました。

めっちゃ簡単なので、ぜひお試しくださいませ。

 

「PS Auto Sitemap」でできること

プラグイン「PS Auto Sitemap」を使うと、指定したページに簡単にサイトマップを作成することができます。

 

サイトマップのメリット

  • 記事タイトルが一覧になり探しやすくなる
  • カテゴリー別に記事を見ることができる
  • 固定ページも一覧に表示できる

サイトマップがあれば、初めてブログに来られた読者の方に記事を探していただくためのヒントになるかもしれません。

簡単に設置できるので、さっそくやってみましょう!

 

「PS Auto Sitemap」利用の流れ

プラグイン「PS Auto Sitemap」はブログの記事や固定ページのサイトマップを指定したページに設置してくれる、初心者にはありがた~いプラグイン!

①プラグインのインストール

②サイトマップを表示させる固定ページの作成

③サイトマップの表示に関する設定

以上の3ステップで完了です。

 

①プラグインのインストール

プラグイン→新規追加から「PS Auto Sitemap」を検索。

インストール・有効化しておきましょう。

MEMO

新しいプラグインを入れる際、まれに不具合が生じる場合があります。念のため事前にバックアップを取っておきましょう。

 

②サイトマップを表示させる固定ページの作成

サイトマップは、いつもの投稿ページではなく「固定ページ」に作成します。

…とその前に、このプラグインの設定を確認してみましょう。

「設定」→「PS Auto Sitemap」をクリックすると、プラグインの設定画面が出てきます。

このプラグインの利用方法が書いてありますね。

  1. サイトマップを表示させたい記事を作成(固定ページ)
  2. コードの入力
  3. 記事のIDを確認して設定する

 

固定ページを作って保存→コードをコピペするのですが、先にこのコードをコピーしておきましょう!

ご利用方法2のグレー掛けのHTMLコードをコピーしておきます。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

↑これですな。

 

次に、「固定ページ」を新規追加しましょう。

本文入力エディタ右上の「テキスト」タブを選び、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

「公開」を押して③のステップに移りましょう。

 

③サイトマップ表示に関する設定を行う

ここまできたらあともう一息!

先ほどの設定画面で確認した3番目の手順を見てみましょう。

3.記事編集画面で記事ID(アドレスバーの &post=nn )を確認し、『サイトマップを表示する記事』欄に指定します。

どゆこと…?となりそうですが、諦めないで。

 

まず記事IDを確認します。

「固定ページ」→「固定ページ一覧」を開いて、先ほど作成したサイトマップのタイトル部分にマウスカーソルを合わせると、画面の下にURLが表示されます。

この赤い枠、post=番号 の番号部分を覚えます。(これが記事ID)

 

再び、設定→PS Auto Sitemapに戻り…

Ps Auto Sitemapの設定画面

上から4つめ、「サイトマップを表示する記事」の枠に先ほど覚えた記事ID(番号)を入力!

あとはお好みに応じて設定をしていきます。

ホームページの出力
ブログのトップページのリンクをサイトマップに出力する場合はチェックを入れます。
ブログのタイトル名とともに1番上に表示されます。

 

投稿リストの出力
投稿記事一覧を出力するかどうかを選びます。
今まで書いた記事を表示してくれるので、チェックを入れておきます。

 

固定ページリストの出力
固定ページを出力するかどうかを選びます。
プロフィールやお問い合わせ、プライバシーポリシーなど固定ページを使用している場合はチェックしておいた方がいいですね。

 

サイトマップを表示する記事
先ほどの説明通り、サイトマップ用の記事IDを入力します。

 

出力階層制限
親カテゴリーまで/子カテゴリーまで/記事全部を表示する など、サイトマップにどこまで細かく表示するかを設定します。
記事が少ないうちは「制限なし」で全て表示するようにしてもいいですね。

 

先に出力するリスト
投稿ページ一覧から表示するか、固定ページ一覧から表示するかを選べます。

 

カテゴリーと投稿の表示
同一マップ内:サイトマップのページ内で、カテゴリーも記事も表示させます。

投稿を分割:カテゴリーをクリックすると別のページで記事一覧が表示されるようになります。

 

除外カテゴリ
サイトマップに表示したくないカテゴリーがあれば、そのカテゴリーIDを入力します。

MEMO

固定ページの記事IDを調べる時と同様に、投稿→カテゴリーの除外したいカテゴリー名にカーソルを合わせるとカテゴリーIDが確認できます。


 

除外記事
サイトマップに表示したくない記事があれば、記事IDを入力します。

 

スタイルの変更
いくつかのデザインから、ブログに合うものを選んでみましょう!

 

キャッシュの使用

表示が早くなるので、ここは通常チェックを入れておいてOK。

 

 

後は設定を保存して、きちんと表示されているか確認してできあがり!

できたー!無事に設置できました。

 

プラグインで簡単に!

プラグイン「PS Auto Sitemap」を使用すれば、簡単にサイトマップが設置できます。

初心者でも簡単にできたので、これからWordPressデビューをしてサイトマップ設置するぜーというナイスタイミングな方がいらっしゃったら是非やってみてくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)