大きな音が怖い私の、自分との付き合い方。爆音恐怖症を抱えて生きる日々

爆音恐怖症

こんにちは、こはるです!

 

皆さんは怖いもの・苦手なものはありますか?

「ちょっと嫌だな」レベルから恐怖症レベルまで、程度に差はあるものの誰しも苦手意識のあるものはいくつかはあるのではないでしょうか。

 

私は「大きな音」が苦手です。

いえ、正直苦手という表現では足りません。

爆音恐怖症です。

 

高所恐怖症などと比べるとあまり知られていない恐怖症かもしれません。

でも当事者はホンマにツラいんです。

もしかしたら私と同じように大きな音が怖い!という方がたくさんいらっしゃるかも…と思い記事にしました。

 

この記事では、爆音恐怖症の私が大きな音とどのように向き合っているかを書いています。

恐怖症を克服する・治す方法は書いていません。

でも、同じように怖いと思っている方や悩んでいる方に、ここにも爆音恐怖症がいますよと伝えたい。ただそれだけの記事かも。

どうぞ、ゆったりした気持ちでご覧ください。

 

爆音恐怖症のきっかけ

恐怖症になる時には、何かきっかけとなる経験(しかもトラウマ級)をもとに発症することがあるようなのですが、私の場合も小さい頃の経験です。

 

祖父母の住んでいる町で毎年夏祭りが開催されるので、家族で遊びに行っていました。

その夏祭りの最後に打ち上げ花火があったのですが、それを初めて外で見た時、震えあがりました。

 

自分に降り注ぐような花火の火の粉と、心臓を打ち付けるような底から響く爆音。

幼い私には耐えられない不快と恐怖の時間でした。

 

逃げるように車に連れて行ってもらったような記憶があります。

車に乗っても音は心臓を揺さぶるし、遠ざかっても音は聞こえるし…

 

それ以来、大きな音に恐怖心を抱き、過剰に反応するようになっていきました。
今書いていてもブルッと震えます。

 

こんな音が怖い

こうしてまとめてみると、日常は音であふれているんだなぁと思いますね。私が主に恐怖を抱く音は以下の通りです。

打ち上げ花火

打ち上げ花火

言わずもがな、爆音の代表格であり私の恐怖症の原点でもあります。

 

打ち上げ花火は一切受け付けなくなりました。ホント無理。

花火大会のあるところには近づかないし、もちろん行けるわけがない。

 

私が住んでいるところは数年前まで花火大会がなかったので「爆音恐怖症の人間に優しい市や…!」と勝手に喜んでいましたが、残念なことに近年花火大会が開催されるようになって毎年震えています。

 

運動会のピストル

運動会のかけっこ

位置について、よーい、パーーン!!! のあいつです。

 

もうね…笛でええやんと。

幼稚園から小学校に上がった時の運動会の恐怖レベルといったらもう。それはもう。

クラス別に練習するときは笛でスタートの合図をしてくれるのに、全校練習や学年練習になったらピストル使われたりするんよな。勘弁してくれ。

 

とにかく耳を塞いでいないと耐えられない。

大して変わりもしないのに、自分のスタート位置をピストル鳴らす先生から少しでも離れたところになるように立ってみたこともありました。(無駄な抵抗)

先生の近くにはピストルを運んだり用意したりする係の生徒がいたんですが(主に体育委員の男子)、その子ばかり気にしていました。

次いつ鳴らすんやと。奴が準備を始めたら危険サイン。

 

小学校の運動会の写真はできるだけ見たくないですね。耳をふさいでるので。

運動も苦手だったので、本当に苦行でしかなかった運動会。

 

ちなみに学年が上がるにつれ、耐えることができるようになってきました。

小4くらいからかな?近くで鳴らされるのは今でも無理。

 

落雷

昼間は周囲に人がいたり子どもたちがいたりするので何とか平静を保てるのですが、夜中に鳴られると収まるまで寝られません。

ついでに言うと雷の光もめっちゃ怖いです。ダブルパンチ。

 

雷が鳴りだしたら耳を塞いで目をつむってただひたすら耐えるんだけども、夏になると夜中に大雨が降って雷鳴りまくる日が結構あるので本当に恐怖。

 

空全体に響く「ゴロゴロゴロ…」も怖い。

今絶対落ちたよね!?というような「ドーーーン!!!バリバリバリーー!!!」みたいな音も怖い。

全部怖いんです、はい。

 

ポン菓子を作る機械

ポン菓子

製造過程でこれを超える爆音を響かせるお菓子ってあります?(知らん)

 

これも小さい頃。昼間に開催されるお祭りに行ったときにポン菓子をその場で作って販売していたようなんです。

幼い私はポン菓子の存在を知らず。ましてや製造方法なんて知る由もなく。

不意に鳴ったあの「バーーーン!」にやられました。

 

それ以来、お祭りには極力近づかないようにしています。怖がり。

 

風船の割れる音

風船

風船も不意に割れるといまだにヒィッ!となります。

 

自分の中では「風船=割れる」のイメージがあるので、風船を膨らませるところに立ち会うのも無理です。

大きく膨らませることができる人すごいわ。

 

子どもと出かけると「お子様にどうぞ~^^」といろんなところで風船をもらうことがあるのですが、正直ヤメテー!!!って感じです。

お子様喜んでるけどお母様は怖いんや。

子どもって怖いもの知らずというか、めっちゃギュイギュイ触りますやん。
いつも冷や冷やしながら見ています。

 

そういえば昔勤めていた職場で、キャンペーンでお子様に配る風船を膨らまさないといけない時があったんですが、私のだけ膨らまし方が小さかったです。

だって怖いんだもん。ごめん。(誰に)

 

車のマフラー音

車のマフラー

ヤンキーの方が時折乗っているような、ちょっとマフラー改造しています!みたいな車あるじゃないですか。(わかる?)

あの音の太いマフラー音も怖いです。エンジン音も。

しかも時々「ボン!」とか言うからな、あれ。

 

クラッカー

クラッカー

昔、ひいばあちゃんが内職でクラッカーを詰める作業をしていたんです。

当時は子どもながら「なんて恐ろしいものを作っているんだ…」と戦慄していました。しかも時々失敗してパァン!て鳴ってたし。

 

いまだに引っ張れない、あの紐。

自ら爆音を生じさせるなんて私には耐えられません…!

 

無理しない付き合い方

これまで私の怖い音をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「わかるー!」という方がいらっしゃったらちょっと嬉しいです。

 

爆音恐怖症については、克服しようとは思っていないんですよね。

というか克服は無理そうだなと思っています。結構重症なんで。

 

かつては、周囲に「なんで怖いの?」と言われることがストレスになっていたり、「なんで怖いんだろう」と自分が嫌になったりすることがありました。

普通、「花火が怖い」なんて言う人あまりいませんものね。

 

でも結局は、自分にしか分からないこと。

自分で自分を守って、自分なりに付き合っていくしかないなという結論に辿り着きました。

 

私は爆音が怖いけど、私の隣にいる人は高いところが怖いかもしれないし、その隣にいる人は狭いところが怖いかもしれない。

そういう気持ちはみんな少なからず抱えていて、それをやり過ごしながら生活している。

だから自分だって恥ずかしがったりコンプレックスを抱えたりすることはないのではないだろうか、と。

 

とにかく無理せず、適度に向き合うこと。

周りには「これが怖いんです」と伝えておくこと。

周りのことも尊重すること。

 

これでだいぶ生活しやすくなりました。

 

ちなみに私の「音」との付き合い方ですが、

・花火大会がある日は実家に移動しておく。(自宅にいるより花火大会の会場が遠い)

・耳栓を購入し、必要な時に使えるように持っておく。

・不快な音や怖い音から離れる。

・思い切り怖がる。(そうすることで結構落ち着く)

・周囲には必要に応じて「大きな音が怖い」と伝える。

 

こんな感じでやり過ごしています。

現在の職場には自己紹介の段階で「苦手なものは大きな音です」ということを公表しています(笑)

 

今後も克服することはないであろう爆音恐怖症。

対策をすることでこれまで何とかやり過ごすことができています。

 

これからも自分と向き合って、無理せず日々を過ごしていきたいなと思います。

皆さんも、自分の苦手や恐怖との付き合い方を見つけてみてくださいね。

お守り代わりの耳栓はいかが?

20 Comments

名無しの爆音恐怖症

車のマフラー以外は同じように恐怖を感じます。特に混雑していたり、その場から離れられない状況下ではパニックというか他のことは考えられなくなります。
運動会のピストルは廃止すべきでしょうね。背が高いとかけっこの順番待ちの間、ずっと恐怖に晒されます。

返信する
こはる

はじめまして、コメントありがとうございます!
共感していただけて嬉しいです。
そうですよね、恐怖から逃げ出せない時は本当にツラくてパニック感。とてもよく分かります。
運動会のピストルはホイッスルとか、水泳のスタートみたいに電子音にするとか、何とかして欲しいですよね…。
コメントいただけて、私だけじゃないんだと励まされました!ありがとうございました(^o^)

返信する
ゆか

こんにちは。大人になって自分は音恐怖症なのだと自覚した30代主婦です。人に辛さを伝えても伝わらない、殴られるより怖いと伝えようにも殴られたこともないし‥で、出産後は陣痛より耐え難いと言っています。というより陣痛は耐えるものだけど爆音は耐えられない、パニックになる。
子供の頃から深刻さが伝わらず、雷に怯えてはぶりっ子扱いされ、運動会では周りが必死なのに耳押さえて空気読めないやる気ない目で見られ、お祝い時のサプライズのクラッカーや花火、シャンパンの開栓音その他の爆音でも、空気読んで耐えることもできず開き直って耳栓して変人を見る目に耐え、あるいはパニックで逃げ出し、子供生まれてからは子供たちが風船で無邪気に遊ぶ姿にパニックになり大人げないと自己嫌悪になり‥お陰様で身近な人は十分理解してくれますが、楽しい空気に水を指す場面が多かったのも辛さの一つです。
私はまだ女だから良かったけど、息子も同じ恐怖症だったら辛い思いをしないだろうかと不安になりましたが、幸い息子は雷も平気な様子です。

返信する
こはる

ゆかさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
お気持ち、すっごくすっごく分かります。うんうんとうなずきながら拝見しました。
周囲になかなか理解してもらえないのが、恐怖症のツラいところですよね。私もツラい、悔しい、恥ずかしい、そんな思いをずっとして来ました。
ゆかさんも、お辛かったですね。
うまく回避してうまく付き合っていくしかない爆音恐怖症ですが、お互い心穏やかに過ごせるといいですよね。
ゆかさんのコメントに共感できるところばかりで、とても励みになりました!
ご自身の貴重な体験談をお聞かせいただき、本当にありがとうございました(*´ー`*)

返信する
どこかの音恐怖症

はじめまして。
私も幼い頃から今もこの恐怖症に苦しんでいて、周りにも理解者がいなくて、なんでこんなことが怖いんだろうってずっと思って生きてきました。
でもこちらのブログに出会って、私の近くにはいないかもしれないけど、同じ経験をしている方がいることを知れて精神的な苦しさが少し改善された気がします。ありがとうございました。

返信する
こはる

どこかの音恐怖症さま、はじめまして!ご覧いただきましてありがとうございます。
長い間、とてもお辛かったですね。周りが理解してくれないことは本当に精神的に不安で、怖くなりますよね。
でも決して、お一人じゃないですからね。同じように大きな音が怖くてたまらない者がここにいます。
解決に至ることは何も書いていませんが、少しでも心が穏やかになりましたら幸いです(*^_^*)
無理せず、ご自分をいたわってくださいね。
あたたかいコメント、ありがとうございました(*´ー`*)

返信する
まりん

はじめまして。
私は60代の主婦ですが、こはるさんと全く同じ症状でずっと悩み続けてきました。

実は、私の息子2人がアスペルガー症候群であることが最近になってようやくわかったのですが、私自身にも何か発達上の問題があるのではないかと思うようになりました。
きっかけは、この相談からです。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14162200854
相談員さんに話してみたところ、やはり何らかの発達障害の可能性がありそうだということで、近日詳しい検査を受けることになりました。
今さら検査なんて。。。と悩みましたが、長年苦しんできたものの正体がわかり、残りの人生が少しでも楽に生きていかれることを願って頑張ってきます!(*^^*)

返信する
こはる

まりん様、はじめまして(*^^*)!
長い間、悩まれていたのですね。
そして検査を受けられるとのこと、勇気が要ることですが一歩踏み出されたお姿に励まされました!

いろんなきっかけや理由で恐怖症になったり、悩みが生まれたりします。
それに向き合われるまりんさんのこれからが、より穏やかなものになりますようにお祈りしております(*^_^*)

コメントをお寄せいただき、ありがとうございました!

返信する
音が怖い

この記事を拝見して、同じ事を感じてる人がいる事自体に安心しました
自分はポン菓子についてのみは存じ上げていなかったのですが、それ以外は全く同じような感じ方をしており、非常に共感できました。
特に雷は怖いと言うと、周りの人からビビリの様に扱われ(両親からもです…)嫌だなと感じることが多々ありました。しかし、この記事のお陰で幾分救われました。ありがとうございます。

返信する
こはる

音が怖いさま、はじめまして!
ご覧いただき、コメントをお寄せくださってありがとうございます。
また、共感していただきとても心が救われる思いです。

周囲に言われて嫌だとお感じになるお気持ち、とても分かります。
わたしも「この歳になってもまだ大きな音が怖いのか」だとか「雷のどこが怖いの?」などと言われ、深く傷つくこともありました。
怖いということは、おかしいことでも恥ずかしいことでもないですからね(*^^*)
どうぞ、ご自分のお気持ちを大切になさってくださいね。

コメントありがとうございました(*´ー`*)!

返信する
ちよみ

はじめまして。
こちらのブログを読ませていただき、共感し過ぎて涙が出てきてしまいました笑。
私も小さい頃から花火、ピストルが本当に怖くて、いつも耳を塞いでいました。親にも理解してもらえず、臆病だと言われ続け辛かったです。
自分の息子(小5)もどうやら私と同じようです。こんなところは似ないでほしかったけど笑。
男の子だし、そのうちバカにされたりするのではと心配になりますが、「ママと同じだよ。大丈夫だよ。」という風に声を掛けてあげたいです。親に理解してもらえないのは本当に悲しかったので。
こはるさんのブログに出会えて良かったです。ありがとうございました。

返信する
こはる

ちよみさま、はじめまして!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

ちよみさまも、おつらかったですね。
周囲に理解されず、ネガティブなことを言われることは本当にしんどいものです。
私もずっとそうでしたので、お気持ちがとてもわかります。

そして、お子様も同じように大きな音が怖いのですね。
お子様もこれから周りからの言葉に悲しいお気持ちを抱かれることがあるかもしれませんが、ちよみさまという良き理解者さまがいらっしゃるので心強いですね。
どうぞ、やさしく寄り添ってあげてくださいね。

お優しいコメントを、ありがとうございました(*´ー`*)

返信する
あおちゃん

はじめまして。
仕事中ですが今まさに雷が近くに迫っておりまして、震えながら同僚に事情を説明し、なるべく音と光から遠い部屋で待機させてもらっております。
理解のある職場で助かりました…
雷は光→音と学習してしまったので私も結果的に光もダメになりました笑

私も20代後半です。記事を読みながら自分が書いているのでは?というほど共感しました。
運動会のピストル、補助の体育委員の動きを見ては耳を塞いでました。競技を見るというよりは、常にピストル付近を凝視しておりました。からかわれたり、無理やり耳から手を離そうとしてくる男の子もいて、嫌な気持ちにもなりました。

大きな音ではないですが、お祭りの射的や銅鑼やシンバルの音も苦手でしたが、こちらは今はもうほとんど大丈夫です。(楽器に関しては自分で叩けるレベルに克服しました笑)

小さい頃は大人になったら大丈夫になるかなと思ってましたが、ダメでしたね…orz
花火大会なんて、見るのは好きなのに音のせいで行けないのが悔しくて…好きな人と見るのとかほんとは夢なんですけどね…

ブックマークさせていただいて、また怖くなったらこの記事を読み直しにきます。
おんなじ人がいてほんとうに安心しました。
ありがとうございました!

返信する
こはる

あおちゃんさん、はじめまして!(*^^*)お仕事お疲れさまです。
まさに今、怖い思いをしていらっしゃるとのこと。しんどいですね…わたしの地域も先ほどから雷が鳴っていて、とても怖いです(>_<) ですが、ご理解のある職場の方で本当によかったですね(*^^*)お互い、早くおさまるといいですね…! 共感していただいて、とても嬉しいです…! わたしも運動会のピストルは長年苦しい思いをしてきました。 花火大会も未だに行けません(;`∀´) 大人になってすべて克服できたらよかったのですが、なかなかそういう訳にはいきませんでした(笑) これからも、時々覗いていただけると嬉しいです(*^^*) お仕事頑張ってくださいね。コメントありがとうございました!

返信する
みみこ

はじめまして!
すっごい気持ちがわかります!保育園時にお尻で風船割り大会なんてものがあって恐怖し、小学校時は運動会のピストルに恐怖し、中学高校と何か行事があるたびに大きな音が鳴るので心底悩みました。
映画館のいきなりの大きな音も勘弁して欲しいです。。。
自分も音に怖がることなく皆んなと楽しく過ごしたい!という気持ちがあっても、音が聞こえると心臓がはねてパニックになり気分が悪くなって閉じこもってしまいます。
30歳になった今でも変わらず、一生このままなんだなと、じゃあ少しでも恐怖を軽減させるにはどうしたらいいかと考えた結果、髪を後ろに束ねるのをやめて耳を隠し耳栓を片方だけにいれておく。それだけでだいぶ恐怖が無くなりました。

同じ悩みを持っている方がいたなんて本当に驚きました。そして自分だけじゃないことに安心しました。ありがとうございました!

返信する
こはる

みみこさん、はじめまして!(*^^*)
みみこさんも長い間、怖い思いをされてきたのですね。
風船割りは運動会の競技で経験しましたが、わたしもすごく怖かったです;風船自体が怖いので、まず膨らますことができませんでした(笑)

みみこさんも工夫されて乗り越えられているのですね!
片耳だけでもすごく和らぎますね(*^^*)

このブログを見つけていただき、ありがとうございました!
みみこさんが毎日穏やかに過ごせますようにお祈りしています(*^-^*)
コメントありがとうございました!

返信する
あいはる

初めまして、こはるさんの記事とそのコメントを読んでこの恐怖症は自分だけじゃないんだと安心しました。ありがとうございます。
私は車のマフラーは大丈夫なのですが、犬の鳴き声が駄目です…
道端で吠えそうな小型犬を見かけると、手を耳の近くに持っていかないと不安です。笑
またいま現在、幼児を育てているので風船をどうするか悩んでいます。
こはるさんの記事にもありましたが、ギュイギュイならされるの本当に無理なんですよね。

催眠術で平気にならないかなあと日々考えてます。

返信する
こはる

あいはるさん、はじめまして!(*^^*)
こちらの記事には同じ境遇の方がコメントをお寄せくださるので、なんだか励まされますよね!
ご覧いただけてうれしいです。

そうなんですね…!犬の鳴き声というと日々暮らすなかで頻繁に耳にするものですし、大変なことと思います((+_+))
また、育児中ですと風船をもらったり「ふくらませて!」と頼まれたりする機会があるからドキドキしますよね;

日常には様々な音が潜んでいますが、あいはるさんが安心して毎日をお過ごしになれますよう、お祈りしています。
コメントありがとうございました(*^^)v

返信する
私も大きな音が怖いです

こはるさん こんにちは!
 改めてコメントを送りたいと思います(^^) 私も心臓がドキッとする様な大きな音が全般的にダメです>___<)   もっと世間一般にこの恐怖症が認められ、理解される様になって大きな音恐怖症の人が過ごしやすい世の中になれば良いなあと考えたりします。こはるさん、お互いまだまだ先は長いですが、これからも無理のないように過ごしていきましょうね(*^^*)

返信する
こはる

私も大きな音が怖いです さん、こんにちは!
ご覧いただきありがとうございます(*^^*)

心臓に響く音、ドキッとするような音、怖いですよね。
おっしゃる通り、この恐怖症はあまり知られていなくて、
それゆえに誤解が起きやすかったり「なんで怖いの?」と言われたりするんですよね。

すべての人が悲しい思いをしない、おだやかな日々を過ごせたらいいですよね。
お互い、ゆったり過ごしていきましょう!

コメント、ありがとうございました(*^^*)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スパム防止のため、英語のみのコメントは送信できませんのでご注意ください。