スッキリ整列!見やすい、分かりやすい!洋服のカンタンたたみ方

こんにちは、こはるです!

 

ここ数日、クローゼットの見直しに精を出しております。

先日は夏物の整理が完了しました。

お片付けの様子はこちら
半分以上捨てました!私の夏物断捨離記録。服のしまい方も変えてさらにスッキリ

 

今までは適当に半分にたたんでまた半分にたたんで、平置きでどんどん積み重ねる方式だった我が家のタンス。

 

下の方の服が見えづらくちょっとしたストレスでしたが、立てて収納するほう方法に変更してみました!

手前から奥まで、整然と並んでいてどこにどの服が入っているかすごく見やすい!しかも取り出しやすく、しまいやすい。

すごく気に入った収納方法です。

 

今回は、この収納方法に使っている「お洋服のたたみ方」を詳しくご紹介してみようと思います。

すごくカンタンなので、ぜひ試してみてくださいね!

 

大量の服も見やすくなる「立てる収納」

大量の服を一度にたくさん見やすくするのであれば、「立てる収納」がオススメです!

手前から奥まで、余すことなく使えます。

 

こちらはウチの娘の洋服タンス。整理前の様子です。

平置きにしているので下のものが見づらいし、うまく入り切らず床に置いてしまっている服もありました…かわいそう!

 

これを立てる収納に変えると…

たくさんの洋服でも、上から見てどこに入っているか一目瞭然。

きちんと整列しているので、取り出しやすいし、しまいやすいんです。

服を選ぶのも楽しくなりそうですよね♪

 

平置きにしていると、つい一番上の服ばっかり選んでしまいがち。
取り出しやすいからね。

立てる収納なら、好きなところから取り出せるので服も循環させやすいですね!

 

カンタン!洋服のオススメたたみ方

この立てる収納にするときは、なるべく同じサイズ・形になるようにたたむと列がそろってスッキリします♪

 

今回は例としてこのトップスをたたんでみます。
カンタンにできるので、ぜひご一緒にやってみてくださいね。

 

  • STEP.1

    まずトップスを裏返して、首元が手前になるように置きます。

    こんな風に逆さまになる感じに。

  • STEP.2

    しまいたい幅になるように、両サイドをパタンパタンとたたみます。

    タンスに入れたい幅をイメージしてやってみてくださいね。

    何枚もたたんでいると、だんだん慣れてきます。

  • STEP.3

    手前側を表に返すように、半分に折ります。

    おぉ、お店のディスプレイみたい。

  • STEP.4

    収納する場所の高さや大きさに合わせて調節して完成。

    私はSTEP.3の状態だと入れづらいので、もう半分折りたたみます。

    ずいぶんコンパクトになりました。

チュニックやワンピースなどもたたみ方は同じです。
丈が長いぶん折りたたむ回数は増えますが、いい感じのサイズになるように調節してくださいね。

 

タンスに入れるとこうなります。

キレイに収まりました!

服の柄や装飾がちょっと見えるので、どんな服か分かりやすいですね。

 

 

大人の服でもたたみ方は同じなので、試してみてください!

 

管理しやすい服のしまい方でスッキリ

大量の洗濯物、つい片付けが億劫になりがちですが…こんなスッキリとした収納なら、ちょっと片付けのやる気もアップするかも!

 

使いやすく、見やすく、しまいやすい。

たたみ方をちょっと工夫するだけで、収納がガラッと変わりますよ!

ぜひ皆さんも、お試しくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)